低用量ピル関連記事

緊急避妊薬のタンシーワンの効果は?アフターピルの最安値の正体とは?

tancyone

タンシーワンとはどんなピル?

タンシーワンとは、緊急避妊薬のことです。アフターピルとも呼ばれています。

ノルレボのジェネリック医薬品で、有効成分として合成黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを含んでいます。

タンシーワンの詳細はこちら

特徴について

タンシーワンは、緊急避妊効果を得ることが出来るのが特徴です。

避妊をしないで性交渉をした場合や、性交渉時に避妊に失敗した場合に性交渉後、72時間以内にタンシーワンを服用することで緊急避妊効果を得ることが出来る薬です。

この薬の有効成分のレボノルゲストレルが体の黄体ホルモン濃度を一時的に上昇させ、子宮内に精子が入りにくくして、排卵を抑えて、子宮内膜の増殖も抑えることによって受精卵の着床を防いでくれるため、妊娠を防いでくれます。

個人差があるので、必ず緊急避妊効果を得ることが出来るというものではありません。

100%妊娠を防げるということではないということに注意する必要があります。

性交渉後、72時間以内に1錠を1回経口投与して使用します。

海外のデータでは、緊急避妊効果について性交渉後、72時間以内に1回服用すると阻止率が84%。72時間を超えるとその阻止率が63%に低下すると言われています。

つまり、緊急避妊効果を得て妊娠を防ぐためには出来るだけ早く服用することで効果を得やすいということです。

逆に遅くなれば遅くなるほど、効果を得られる確率がどんどんと下がることになります。

副作用として、頭痛、悪心、倦怠感、消退出血、不正子宮出血、傾眠などが起こる可能性があります。

副作用やその他体に異変を感じた場合には、すぐに服用を中止して医師に相談、診察してもらいましょう。

タンシーワンの詳細はこちら

他の緊急避妊薬との違いについて

他の緊急避妊薬と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

例えば、緊急避妊薬、アフターピルの定番とも言えるエラと比較してみると、タンシーワンは性交渉後、72時間以内に服用する必要がありますが、エラの場合には、服用するまでの時間が72時間ではなく、120時間以内となっています。

服用するまでの時間に違いがあります。

また、タンシーワンの主成分は、レボノルゲストレル1.5mgですが、エラの主成分はウリプリスタール酢酸エステル30mgとなっていて主成分が異なります。

他の違いとしては、価格が違います。タンシーワンとエラを比較した場合、タンシーワンはエラの約1/3の価格で購入することが出来ます。

比較的安く購入することが出来るのがメリットです。

タンシーワンの詳細はこちら