中用量ピル関連記事

プラノバールの通販はどこが最安値?ジェネリックとどっちが安い?

planovar

ピルは避妊目的で使用している女性が多いですが、避妊目的で用いられるピルのほとんどは低用量ピルというホルモンの配合量が少なめのものばかりです。

しかし、中には中用量ピルというホルモンの配合量が多めに配合されているものもあり、中用量ピルはアフターピル(緊急避妊薬)として使用されることが多くなっています。

今回は、中用量ピルのプラノバールについてご紹介したいと思います。

プラノバールの最安値はこちら

プラノバールジェネリックの最安値はこちら

プラノバールってどんなピル?

プラノバールは黄体ホルモンのノルゲストレル0.5mgと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオール0.05mgを配合した中用量ピルです。

一般的には月経困難症、月経周期異常、機能性子宮出血等に使用され、生理を早めたり遅くしたり、不正出血を止めたりするために服用します。

しかし、最近では緊急避妊薬として使用されることも多く、クリニックではアフターピルとしてよく処方されています。

アフターピルとしての飲み方は?

プラノバールアフターピル以外に使用する場合とアフターピルとして使用する場合で、飲み方が異なります。

アフターピルとして服用する場合は、性行為を行ってから72時間以内に1回に2錠を同時に服用します。

そしてさらに、服用してから12時間以内に再度2錠を服用します。

服用方法を間違えると避妊効果が現れなかったり、副作用が出やすくなってしまうので気を付けましょう。

プラノバールの副作用は?

プラノバールは低用量ピルとは異なりホルモンの配合量が多いことから、副作用の頻度も低用量ピルよりも多いのが特徴です。

特に吐き気の副作用の頻度は高く出ると言われており、そのほかにも体重増加や頭痛、倦怠感、乳房の張り、下腹部痛等の副作用が出ることがあります。

上記の副作用は比較的軽度ですが、重い副作用になると血栓症が出ることもあるのでその場合は注意が必要です。

プラノバールを服用して異常を感じたら服用を中止したり、クリニックを受診する等しましょう。

ちなみに、副作用は全く出ない人もいれば、出やすい人もいたり、同じ人でも出るときと出ない時があります。

プラノバールを最安値で購入するには?

プラノバールを最安値で購入する方法は、やはり個人輸入の通販になります。

プラノバールを取り扱っている通販は少ないですが、「空詩堂」では現在プラノバールを取り扱っており、3,110円~購入することが出来ます。

注文後は速やかに発送してもらえるので、急ぎで欲しい人でも安心です。

ちなみに、プラノバールにはジェネリックもあり、もっと安く購入したいのであればジェネリックもおすすめです。

プラノバールの最安値はこちら

プラノバールはジェネリックの方が安い

プラノバールのジェネリックはオブラルG(OvralG)という名前で販売されています。

配合されているホルモンの種類や配合量もプラノバールと全く同じなので、同じ効果を得ることが出来ます。

オブラルGはジェネリックなので価格も安く、最近ではオブラルGの人気も高くなっています。

オブラルGは空詩堂でも購入することが出来ますが、複数箱購入する場合はオオサカ堂も安くておすすめです。

両方比べてみてお得な方から選ぶと良いかもしれません。

オブラルGの最安値はこちら