マーシロン

マーシロンの効果は?飲み方や注意点も併せて紹介!

mercilon

近頃のピルの主流は、超低用量ピルに切り替わりつつあります。

ピルの副作用やもっと手軽に日常生活のなかに取り入れることができ、女性のお悩みを解消してくれるようになりました。

そんな超低用量ピルのなかでも人気の「マーシロン」についてご紹介します。

>>マーシロン21錠はこちら

>>マーシロン28錠はこちら

マーシロンとは

オランダのオルガノン社が開発した超低用量ピルです。

1923年に設立された歴史ある製薬会社になり、インスリンの製造を最初に行ったことでも有名になりました。

他にもエストロゲンやコルチゾンなどを製造しています。

2003年に本社を米国のニュージャージー州に移し、2007年11月にシェリング・プラウ・コーポレーションに買収されました。

2009年に合併したこともあり、現在は、MSD(メルク・アンド・カンパニー)社が製造販売をしています。

マーシロン以外でも女性主体の避妊具であるヌーバリンなどが人気商品としても知られています。

メルク・アンド・カンパニーは、世界でもトップ5位に入るほどの売上高になり、400億ドルを超えています。

140カ国で医薬品を製造販売し、従業員の数も7万人以上ととにかく大きな会社です。世界を代表する株式会社の一つとしても考えられています。

>>マーシロン21錠はこちら

>>マーシロン28錠はこちら

マーシロンの歴史

低用量ピルで知られるマーベロンの超低用量ピルとして誕生しました。

そのため基本的には同じ成分になりますが、マーシロンのほうが卵胞ホルモンの含有量が少なく設定されています。

ホルモン量が少ない分、副作用が起こりにくくなりますが、その分不正出血が起こりやすいとも言われています。超低用量ピルになるので、定期服用することによって避妊の効果を発揮します。

女性ホルモンのバランスを一定に保ってくれるので、避妊だけに関わらず、生理痛を緩和したりニキビの改善にも役立つと言われています。

他にも生理前のPMS「月経前症候群」の改善や、他のピルを服用していて副作用が強く出てしまった人にもおすすめです。

マーシロンは確実な避妊効果が期待できながら、しかも副作用の心配も少ないのでピル初心者にとってもおすすめです。

>>マーシロン21錠はこちら

>>マーシロン28錠はこちら

マーシロンの成分とは

マーシロンは黄体ホルモンのデソゲストレと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの含有量を0.02mgに抑えた、21錠タイプ超低用量ピルです。

子宮内膜の増殖を抑えて、生理痛を軽快させます。

脳が排卵後だと勘違いさせることによって排卵が起こりにくくしてくれるのです。

マーシロンの服用方法として、月経の第1日目から服用を開始し、毎日決まった時間に1錠ずつ服用します。

シートに順番が記載されていますので、管理面を考えても順番どおりに服用するのをおすすめします。

マーシロンは2種類あり、21錠のみ服用するものと偽薬(プラセボ)のついた28錠タイプがあります。

生理期間中も服用することによって飲み忘れ防止の効果が期待できます。

マーシロンの飲み方とは

休薬期間、もしくはプラセボを飲み終わったら、新しいシートを飲み始めるようにします。

プラセボは白色の錠剤ですので、見た目にもすぐにわかるはずです。

マーシロンを飲み忘れてしまうと効果が薄らいでしまいますが、プラセボを飲み忘れても管理の為のお薬なので問題ありません。

ピルの服用を忘れてしまいそうな人や、飲み慣れていない人はプラセボつきのもののほうが安心です。

21錠のマーシロンにするか、28錠のマーシロンにするかは、ピルに飲み慣れているかどうかで選んでみてもいいかもしれません。

妊娠を希望しない期間、マーシロンをこの周期で繰り返して避妊していきます。

1相性ピルに分類されるので、段階的に用量を変えなければいけないタイプのピルとは違い、同じ量のピルを飲み続ける分、飲み間違いなどの心配もありません。

>>マーシロン21錠はこちら

>>マーシロン28錠はこちら

マーシロンを服用するときの注意点

マーシロンは超低用量ピルではありますが、支持された服用方法を守って続けることが大切です。

飲み忘れてしまう心配を予防するために、毎日一定の時間に服用し習慣づけることが大切です。

飲み忘れてしまうと妊娠してしまう可能性も高くなってしまい、思うような避妊効果が得られなくなってしまいます。

休薬期間の間に月経が始まりますので、続いていても7日目から新しいシートのマーシロンを服用するようにしてくださいね。

もしマーシロンを飲み忘れてしまったときの対処法ですが、24時間以内であれば飲み忘れてしまった分を飲み、また時間になったらその日の分のマーシロンを服用すれば問題ありません。

もし24時間を超えてしまったときは、避妊効果が得られにくくなるため一度中断し、次の月経から新しいシートでスタートしてください。

もったいないからと飲み続けてしまうと、管理が難しくなるのでおすすめしません。

まとめ

マーシロンは超低用量ピルとして副作用の心配も少なく、避妊効果を期待できるピルです。

その反面飲み忘れてしまったとき、すぐに服用しないと避妊に失敗してしまうこともありますので忘れないようにしっかりと管理を行うようにしてくださいね。

>>マーシロン21錠はこちら

>>マーシロン28錠はこちら