マーベロン

マーベロン21とマーベロン28の違いは?効果の違いはあるの?

marvelon2128

マーベロンは1相性の低用量ピルで、日本でも非常に多く使用されていますが、マーベロンには”マーベロン21″と”マーベロン28″があります。

同じマーベロンですが、この2つで一体何が違うのでしょうか?

マーベロンの最安値はこちら

マーベロン21と28の違いは?

マーベロン21と28の違いは何かというと、1シートに入っている薬の数がそれぞれ21錠と28錠という違いがあります。

一般的に低用量ピルは21錠と28錠タイプがあり、それぞれで飲み方が異なります。

それでは何が違うのかというと、飲み方が異なってきます。

ちなみに、配合されているホルモンの量や成分は21錠も28錠も全く同じで、効果も全く同じになります。

違っているはシートに入っている錠剤の数だけなのです。

マーベロンの最安値はこちら

マーベロン21の飲み方は?

マーベロン21の飲み方は、1日1回1錠を大体同じくらいの時間に服用し、それを21日間連続で続けます。

そして、その後1週間の休薬期間を設定し、休薬期間が終わったらまた21日間連続で服用すします。

ただ、休薬期間は7日間あり、その期間は何も服用をしないので次回1週間後に再開するときに服用するのを忘れてしまう可能性があるのです。

もし、休薬期間の後にピルを飲み忘れてしまうと妊娠してしまう可能性が高くなるので、気を付ける必要があります。

そこで、飲み忘れを防ぐためにマーベロンの28錠タイプがあるのです。

マーベロン28で飲み忘れを防止

マーベロン28の飲み方は基本的にはマーベロン21と同じで、21日間は連続で毎日1錠を連続で服用します。

そして、その後の1週間は休薬せずに実薬と一緒にシートに入っているプラセボ(偽薬)を服用します。

そして、プラセボの服用が終わったら、21錠連続でピルを服用するというサイクルを繰り返すのです。

つまり、マーベロン28はプラセボを服用することで毎日服用を継続することが出来るので、本来服用しない期間の後に忘れずに服用を再開できるのがメリットになります。

マーベロンの最安値はこちら

最後に

マーベロン21と28の違いは1シートの中にプラセボが7錠入っているかいないかの違いだけで、効果や成分は全く同じです。

基本的に価格はどちらも同じなので、飲み忘れが心配な人は28錠タイプを服用した方が良いかもしれません。