変動金利で借りても大丈夫?返済負担が固定金利を上回るケースを計算してみた

変動金利で借りても大丈夫?返済負担が固定金利を上回るケースを計算してみた

LINEの1分審査で1万円プレゼント!!

↓↓

さらに、今だけ弊社から契約いただくと・・・

最大100万円キャッシュバックキャンペーン実施中!!

詳細は↓↓をチェック

kurashi

今回は、今後どこまで金利が上昇すると、変動金利の返済負担が固定金利を上回るのかなど、複数の返済シミュレーションを用いて考察していきます。住宅ローンの金利タイプでお悩みの方は、ぜひ最後までご視聴ください。

【目次】
00:00 はじめに
01:22 1.変動金利と固定金利の仕組み
02:30 2.変動・固定の返済負担を4つのパターンでシミュレーション
06:56 3.変動金利が固定金利の返済負担を上回る可能性はあるのか?
10:02 今回のまとめ

【関連動画】
みんなが選んだ住宅ローンは?【2020年9月発表!住宅ローンの実態調査結果】

住宅ローンにがん団信をつけなくて大丈夫ですか?

2022年!住宅ローン控除の控除額が減額される?!

【関連ブログ記事】
変動金利は怖くない!5年ルールと125%ルールの仕組みをわかりやすく解説

変動金利は怖くない!5年ルールと125%ルールの仕組みをわかりやすく解説

「全期間固定金利」の住宅ローンとは?メリット・デメリットと金利推移を解説

「全期間固定金利」の住宅ローンとは?メリット・デメリットと金利推移を解説

みんなの住宅ローン選択は?【2020年9月発表!住宅ローン実態調査】

みんなの住宅ローン選択は?【2020年9月発表!住宅ローン実態調査】

失敗しない住宅ローンの選び方とは?金利や借入先の選び方を徹底解説!

失敗しない住宅ローンの選び方とは?金利や借入先の選び方を徹底解説!

【自己紹介】
不動産会社の経営をしている株式会社イエツグ代表の丹です。
イエツグは、住宅とともに想いを”人から人に継ぐ”という願いから付けた社名です。
仲介手数料を格安・定額にすることで、節約できた費用を住宅の質を向上させるために使っていただきたいと考えております。
住まいを”継ぐ”には、耐震性や価値を向上することが不可欠だと思うからです。
イエツグ代表の私、丹は、元消防士。
東日本大震災で多くの家屋が倒壊し、大切なものを失った方々を目の当たりにしたことにより、
既存住宅の価値を上げ、良質な住宅を流通させることがこの国の急務なのではないかと考えるようになりました。
小さな会社ではありますが、社員一同、同じ志を持って活動しております。

ーーーーーーーーーーーーー
取材、お仕事やコラボのご依頼は下記メールアドレスからお願いします。
info@ietsugu.co.jp

住宅の売買についてのご相談は下記お問い合わ
せフォームからお願いします。

お問い合わせフォーム


ーーーーーーーーーーーー

■イエツグで不動産購入 https://ietsugu.co.jp/lp/
■不動産売買の説明書 https://xn--eckiy3f.com/
■丹拓也のTwitter https://twitter.com/ietsugu1820
■イエツグのFacebook https://www.facebook.com/ietsugu
■イエツグのLINE公式アカウント https://line.me/R/ti/p/%40xtq7091o

#イエツグ​ #不動産宅建士丹拓也

kurashi

住宅ローン関連動画カテゴリの最新記事