住宅ローン控除 変動vsフラット35どっちが得?答え出しました

住宅ローン控除 変動vsフラット35どっちが得?答え出しました

LINEの1分審査で1万円プレゼント!!

↓↓

さらに、今だけ弊社から契約いただくと・・・

最大100万円キャッシュバックキャンペーン実施中!!

詳細は↓↓をチェック

kurashi

0

変動金利の1.25倍ルールは無視して大丈夫!いまだに言っているやつはアホ

ハイパーインフレは日本で起こりません そういう質問やめてください

住宅購入・住宅ローン相談はこちら

トップページ


こちらのHPの「初回相談」よりアクセスください
初回相談(有料)は東京の水道橋駅近くのオフィス
もしくはzoomでおこないます

関根のTwitterはこちら、フォローお願いします!
https://twitter.com/fp_sekine?lang=ja

英語チャンネルはこちら
 ↓  ↓  ↓  ↓
Money story about housing Katsu Sekine
https://www.youtube.com/channel/UC_S04DMbUgjwxWm05tb1wqw

先日も解説しておりました2022年から始まることが濃厚な住宅ローン控除の改正。解説した動画は多くの方に見ていただくことができました。
今までの住宅ローン控除は年末残高1%、最大40万円までがローン控除として返ってくるという制度でしたが、新制度では年末残高の1%、もしくは年間支払い利息のどちらか少ない方ということになりそうです。

そうなると今まで、とにかく金利の低い商品で選んでいたという住宅ローンも、これからは金利が多少高くでもいいという選びからになってくるかと思われます。
そうすると出てくる疑問、フラット35はありなのか?
フラット35は変動金利と比べ金利は高く、その分、多くの利息を払いますが、払った利息が当初10年間、戻ってくる。もしかしたら住宅ローン控除の改正、フラット35という商品にもバリューが出てくるのかもしれません。

この動画では住宅ローン控除改正、変動金利とフラット35、結局どっちが得なのかを具体的な計算で比べてみます。さらに、新しい住宅ローン控除が正式に決定をした場合、住宅購入現場でどんなことがおこるのか、これ面白いです。それらを解説しております。

変動金利vsフラット35どっちが得なのか ちゃんと答え出しました!

10年固定金利の真実 計算すれば分かります

本の購入はこちらからどうぞ。
ワンルームマンション投資で騙されない! 知っておきたい11の知識: 人気FP YouTuberがワンルームマンション投資で騙されないすべてを話します Kindle版

★関根克直★TBSテレビ「ひるおび!」に住宅購入の専門家として出演
元ウィンドサーフィンのプロインストラクター。

2004年に株式会社住まいと保険と資産管理にてファイナンシャルプランナーとして業務を開始。

住宅購入相談、住宅ローン相談を中心にお金に関する幅広い相談を受け、年間50件程度の住宅購入者向けのライフプラン作成をおなっており、累計1000件近い住宅購入相談を経験。
また儲からないワンルームマンションを騙されて買わされてしまった人が多くいることを知り、2011年からワンルームマンション投資で騙されたお客様を救うための専門のサービス「投資用マンションSOS」を開始する。

kurashi

住宅ローン関連動画カテゴリの最新記事